■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50    

自称進学校と教育業界の真実〜NEO高橋による内部告白〜

38 :T氏ブログにあった元広尾 学園横領事務局長 島田 真樹さんの恥ずかしい犯罪匿名手紙二十一通目:2018/06/12(火) 21:45:04.84 ID:HtR3cHuB0
池田富 一くん
島田 真樹くんのこの匿名手紙をいまだに「島田真 樹さんには匿名手紙を送るやんごとなき理由があった」というならあなたのようなアホは広尾 学園に必要なし 
NEO広尾はあなた方の退陣を望む


前略

友人から以下です。


貫之は、必死で余裕があるふりをしていると見える。その余裕を粉砕する。


O.K氏は見誤っているようです。よもや足は付くまいと自身では思っていたのでしょう。そして、どうやら今もそう思いたがっている節があります。
しかし、貴殿が指摘されたように、歩いた以上は足跡が残ってしまっております。そして残った足跡は辿れてしまうものだということ。
これを辿って実名が明らかになった時に、今までのように威勢のいいことが言えるのかどうか?
あるいは、同じように口に出すのもはばかられることを平気で口にできるのか?

貴殿は最初から、O.K氏側が当方の家族までを誹謗することを強く批判していましたね。実名が明かされた上でも、同じように当方の家族を誹謗できるのでしょうか?
例のスレッドにある『高橋 お前の親父何しているの?・・・・』。
これを教育の世界に身を置く者が書いたというなら、どれほど罪深いことになるのか?
さらに、当方の人格攻撃のためにこれを平然と再掲載してくるとは?実名になった時にどのように釈明するのか?

貴殿がもう一つ最初から言われていたことは、当方のみが実名を明かされ、そこに匿名をいいことに、誹謗を浴びせつける卑怯なやり口が目に余ったと繰り返されていました。
それはリンチ以外のなにものでもない、とも言われていましたね。見苦しいかぎりで、見るに堪えないと。そして、そのことで、当方に声を掛けたのだと最初に言われておりました。

また、一度きりの手紙では信用されないだろうから、伝え続けるプロセスに時間を掛けたとのことでしたね。
今までの手紙では、けして一方的に当方を擁護するだけでなくある時は“同じ穴のムジナ”という激しい言葉を使われての当方への叱咤、批判をもぶつけて頂きました。
このことは、むしろ貴殿が言われていた趣旨が偽りではなかったことの証となったものです。

一連の手紙で最初に伝えて頂いたのが、ネットのIP 開示以外にも、復興庁の役人がそうやって特定されたように、正味の書き込み内容から人物特定することもできるということでした。
そのことを実地に証明する形で、O.K 氏側がわざわざ残しているスレッドを取り上げ、その内容からO.K氏を絞り込んで見せていただきました。
調査会社と専門家とは異なるもう一つの角度から、O.K氏像をあぶり出して頂いたことは、その他データを補完してあまりあるものになっています。さらに、ネット以外の物証の存在も伝えて頂いています。

貴殿が今回の手紙で指摘されている通り、O.K氏は当初、この手紙自体をフィクションだと思っていた節があります。
そこで一歩踏み込んで貴殿がイニシャルを示されたあたりで、ようやくあちらもフィクションではないことがわかったようですね。
ただ、貴殿の真意はまだ伝わっていないみたいです。

ここまで分かってきたことは、学校関係者が、当方を黙らせようと口封じに出たこと。
それは時期として“にかい”以前からですね。法律家を含むような陣形を整えて、組織だって当方を殲滅しようとした。
手段を選ばず、やがて家族をも巻き込み誹謗する形でネット攻撃に出た。また、その過程で当人は“鬼女”になりすますことまでした。
あまつさえブログまで作って。それが“にかい”だったわけです。
『ばれないだろう』が為さしめた業と言わざるを得ません。しかし、ばれないことはないわけですね。

今回の手紙で貴殿が言われております『・・・それが学校法人の〇〇〇その人だったと露見した時の影響はけして小さくない・・・』という点。
このことを軽視してはならないということが、貴殿の真意の一つのように拝察致します。そして、当方がこの件を追及し続ければ、やがて当方がそこに辿り着くだろうと思われたよし。
なぜなら、彼らの残した内容がそのことに至る糸口満載だからだと。また、もちろんIP も出るだろうしと。

当方は、貴殿が言われる“今週末のイベント”でも、“月に一度は少なくともある”そのイベントでもかまいませんし、
もちろん、学校は逃げないだろうし、“名前に数字の入ったサロン仲間’のもとへでもかまいません。
O.K氏の住所もそのうち定まるでしょうから、直接そこに話を伺いに行くことを厭うものではありません。
ただ、その時では、もはや貴殿の真意を尊重できるかどうか約束は難しくなります。

いつまで待てるか?もう長くは無理ですね。あちらが貴殿の言われるような“見苦しくなくなる形”で解決する気はないのかもしれない。
“見苦しくなくなる形”であれば、当方は一切、以降、先方の指弾は行なうことはない。それが貴殿の真意を尊重することと考えておりました。
しかし、タイムリミットは近いです。あらかじめ、このことを申し添えておきたいと思います。

以上



友人から以上です。

草々

平成26年7月吉日
一読者より
(文責:元広尾 学園事務局長 島田 真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演 『その余裕を粉砕する。』私怨だらけホラフキン犯罪者島田元事務局長)


227KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス