■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50    

自称進学校と教育業界の真実〜NEO高橋による内部告白〜

37 :T氏ブログにあった元広尾 学園横領事務局長 島田 真樹さんの恥ずかしい犯罪匿名手紙二十通目:2018/06/12(火) 20:51:47.94 ID:inA8Zj530
池田富 一くん
島田 真樹くんのこの匿名手紙をいまだに「島田真 樹さんには匿名手紙を送るやんごとなき理由があった」というならあなたのようなアホは広尾 学園に必要なし 
NEO広尾はあなた方の退陣を望む

前略

友人から以下です。


ここから速度を上げたい。
貫之は、倫理観が求められる仕事に就いている。
この者がネットに書き込んだことが法に触れるとか、触れないとかの前に、明らかに相手の人格を破壊する内容をもって“ネット対策”を自ら行なった時点で、社会への背信行為を行なったに等しい。
このままで、彼が現在の職務を担う資格はまったくないだろう。



ずばり、紀貫之氏は、教育界のイニシャルO.K氏であると貴殿が言われるそのO.Kとは、日本風の氏名の語順でよいのか?
それとも欧米風のファーストネーム・セカンドネームなのか?
そのどちらかの別をご教示いただきますと、当方調査による内定候補者の中から一致する者が出ます。日本風、欧米風のいずれであるか、ぜひ教えてください。
なんと言っても“にかい”を名乗って書き込んだ例の『・・・警察も最後はにかい達の言うことを聞いた・・・』云々の発言は、オウムの高橋容疑者のことを指してはいなかった。
これによって“にかい”が誰かは限りなく絞り込める。もはや雲の切れ間から島は見えて来ています。
あとはこの島の中の誰なのか?調査と開示請求と、そして貴殿の資料等の物証を揃えて突き止めてみせます。

一つの論点として貴殿が指摘されている、“弁護士”等を雇っての一種のネット対策だとしますと、そのようなことができる立場にある人物像というのは、そうたくさんはおりません。
貫之氏サイドの動きの組織性は見落としてはいけない点でした。組織としての動きには重大な意味があるからです。
たまたま通り掛かった風を装いながら、その実は事前に打ち合わせていた。そもそも偶然ではないということです。
当方を敵対者として見ていたということでもある。つまり常々“高橋ウォッチャー”がいたということですよね。
こうなると“某教育掲示板のローカルルールに抵触”などというのは、ある意味とってつけたような当方への攻撃理由であったということです。
本当は“当方の口封じ”に真の狙いがあった。文字通りの狙い撃ちだったわけですね。

以上の点により、この案件の捉え方はがらりと変わる。法律云々の前に、“れっきとした” 立場の面々が行なってしかるべき行為であったのか、なかったのか。
社会の信義にもとると弾ぜられても、面々に返す言葉はないでしょう。
例えば、ネットによる生徒のいじめ問題は、教育界では大問題の一つのはずなのに、“れっきとした教育者”が自らその類の行為を、他人への攻撃目的で行なっているというのは、どんな言い訳ができるというのでしょうか。
相手の家族をも巻き込む形でそれを行なう悪質さをどう説明するというか?出る 時は、けして小さくない社会問題としてこの案件は出て行くことになるでしょう。

ところで、例の極限値の解答はまだいただけないわけですね。しかし、代わりにもらったヒントには思わずニャリとしました。
『局現地』と読み替えてよい、というのはわかりや すい!つまり変わっているということですね。
このヒントも観点に加えて候補者を照らし直します。ヒットするはずです。いずれ時間の問題ではあります。

最後に、ここへ来て、少し貴殿の姿勢に変化が生じたと感じるのは自分の思い過ごしで しょうか?
『貫之氏が、諸々整えようとしないのであれば、幾ばくかの周囲への影響はやむを得ない。』とか、『ここらがラストチャンスであり、この期を逃すと行くところまで行くことになる』とか、
あるいは『代理人による解決は、これ以上になると難しくなる。』など、以前には見られなかった言葉だと思いました。
言われるところの時間切れの後は、貴殿の情報を預からせていただくことをお約束願えないでしょうか?それらを携え、後は一切当方と専門家とで進めて行く所存ではおります。
ただ、繰り返しになりますが、いずれにしても絞り込んだ数からすれば時間の問題ではありますが。

長くなりまして恐縮です。まさに、いよいよと思っております。ご返事をお待ちいたします。

以上



友人から以上です。

草々
平成26年7月吉日
一読者より


281KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス